世界遺産の推進室…長崎市職員が駅スマホ盗撮、現行犯

長崎県諫早市の駅構内で女性のスカートの中を盗撮したとして、県警諫早署は17日、県迷惑行為防止条例違反の疑いで、長崎市役所の世界遺産推進室に勤務する森川健吾容疑者(31)=諫早市多良見町=を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は17日午前7時半ごろ、JR市布駅で、前を歩いていた大学生の女性(19)のスカート内をスマートフォンで撮影したとしている。

署によると、近くで目撃した男性が110番し、駆けつけた警察官が取り押さえた。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です