中1女子生徒に3万円渡し“わいせつ”千葉・市川市議

千葉県市川市の28歳の市議会議員が女子中学生に現金を渡し、わいせつな行為をしたなどとして逮捕されました。

市川市議の三浦一成容疑者は去年9月、自宅で当時中学1年の女子生徒(13)に現金3万円を渡し、わいせつな行為をした疑いが持たれています。また、子どもの裸の画像など約1万点を所持していた疑いでも逮捕されました。女子生徒の母親から警視庁に相談があり、発覚しました。警視庁によりますと、2人は無料通信アプリで金額や待ち合わせ場所を決めるやり取りをしていたということです。取り調べに対して、三浦容疑者は「覚えていないので分かりません」などと容疑を否認しています。三浦容疑者は、おととしの市川市議会議員選挙で初当選し、総務委員会の副委員長を務めていました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です