京都市職員を逮捕=危険ドラッグ所持容疑-近畿厚生局

自宅で危険ドラッグを所持したとして、近畿厚生局麻薬取締部は7日までに、医薬品医療機器法違反容疑で京都市市税事務所職員の塩田善行容疑者(47)=同市西京区山田平尾町=を逮捕した。容疑を認めているといい、麻薬取締部は入手先や使用状況を調べている。

逮捕容疑は5日、自宅で指定薬物の亜硝酸イソプロピルを含む液体20.5ミリリットルを所持した疑い。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です