元中学教諭有罪の判決 元教え子の体触る 盛岡地裁

元教え子の生徒の体を触ったとして、準強制わいせつの罪に問われた盛岡市みたけ、元岩手県滝沢村滝沢中教諭高橋博被告(39)に、盛岡地裁は4日、懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

判決理由で、佐々木直人裁判官は「(教師と教え子という)信頼関係を利用した悪質な犯行」と指摘した。

判決によると、高橋被告は2007年9月23日午前1時ごろ、仙台市青葉区のホテルで、睡眠中の元教え子の男子高校生(18)の下半身を服の上から触った。同年7月、別の元教え子の男子にも同様の行為をした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です