元交際相手に向け、車走行させた疑い 府職員の女を逮捕

元交際相手に向かって車を走行させたとして、京都府警は27日、府水産事務所主査の河辺妙(たえ)容疑者(56)=与謝野町=を暴行容疑で26日に逮捕したと発表した。「ぶつかるほど接近していない」と容疑を否認しているという。

宮津署によると、河辺容疑者は26日午前10時半ごろ、町内の建設資材置き場で、近くに住む府職員の男性(40)に向かって時速30~40キロで軽自動車を走らせ、約2メートル手前まで近づいた疑いがある。

署によると、河辺容疑者と男性は元同僚で、以前に交際していたという。その後、交際が終わってから男性につきまとったなどとして、署は2012年12月、河辺容疑者にストーカー規制法に基づく警告を出していたという。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です