元塾講師がストーカー、昔の教え子宅侵入 写真盗む

教え子だった女子大生の部屋に侵入し写真を盗んだとして、熊本県警熊本北署は9日、福岡県春日市上白水、元塾講師新田善雄被告(35)を住居侵入と窃盗容疑で再逮捕した。

発表によると、新田被告は昨年10月13日午後2時頃、熊本市黒髪の大学1年女子学生(19)が住むアパート4階の部屋に、ベランダを伝って侵入、女子学生の中学生時代の写真1枚を盗んだ疑い。

新田被告は、女子学生が中3時に通っていた福岡市内の塾の講師だった。女子学生が熊本市内の大学に進学したことを知り、自宅を調べて昨年7月から隣室を借りていた。塾が休みの日に隣室に来ては、女子学生の部屋に侵入し、部屋の様子を撮影したり、物を盗んだりしていた。

新田被告のパソコンには、高校進学後の女子学生の写真や、尾行記録が保存されていた。「好意を持っていたが、声を掛けることができなかった」と話しているという。新田被告は1月9日、女子学生の部屋に侵入したとして、住居侵入容疑で逮捕され、同罪で熊本簡裁に起訴された。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です