元教諭の性的暴行事件、三原市教育長が引責辞職

広島県三原市の元市立小学校教諭、森田直樹被告(42)=公判中=による女児への性的暴行事件を受けて、同市の植木章弘教育長(63)が監督責任を取り19日付で辞職した。市は今月末に開会予定の臨時市議会に後任の選任同意案を提出する方針。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です