埼玉 川越市職員がヤミ金 出資法違反疑いで逮捕

無登録で貸金業を営み、法律の上限を超える利息を受け取ったとして、埼玉県川越市の職員が出資法違反などの疑いで逮捕され、警察はこうしたヤミ金で繰り返し利益を得ていたと見て調べています。調べに対し、容疑を一部否認しているということです。

逮捕されたのは、埼玉県川越市の下水道課の職員、斉木惠司容疑者(53)で、警察によりますと貸金業の登録をせずに去年9月までの2年半の間に市内の男性2人に合わせて120万円余りを貸し付け、法律の上限の10倍から17倍の利息を受け取ったとして出資法違反などの疑いが持たれています。

これまでの調べで斉木容疑者は、知人から紹介された顧客に金を貸し付けていたと見られ、警察は今月10日市役所の捜索を行い、押収した関係資料などから容疑が裏付けられたとして、29日逮捕しました。
警察はこうしたヤミ金で繰り返し利益を得ていたと見て調べています。
調べに対し「元金より多くの金を受け取ったのは間違いないがそれは利息ではない」などと供述し、容疑を一部否認しているということです。

川越市「厳正かつ適正に対処」

職員が逮捕されたことについて、川越市上下水道局の福田司上下水道事業管理者は「法令を順守すべき公務員としてあってはならない行為で誠に遺憾であり、おわびします。事実関係などが判明したあと厳正かつ適正に対処します」とコメントしています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です