女子高生にみだらな行為、大阪・堺の小学校教諭を逮捕

大阪府堺市内の私立高1年の女子生徒2人(ともに15歳)にみだらな行為をしたとして、泉北署は21日、同市立 宮山台小教諭、古川浩司 容疑者(52)(河内長野市楠ヶ丘)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕した。
調べによると、古川容疑者は4月14日、2人を乗用車で堺市内のホテルに連れて行き、それぞれに1万2000円を渡して写真を撮るなどした疑い。
昨年9月にテレホンクラブで知り合った別の女子生徒(15)から2人を紹介された後、計20数回にわたって同様の行為を繰り返していたという。
同小によると、古川容疑者は6年生のクラス担任。保健担当主事として、児童の安全対策も担っていた。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です