女性店員殴り自衛官を逮捕 船橋東署

船橋東署は16日、傷害の疑いで自称市川市高石神、陸上自衛隊習志野駐屯地の二等陸曹、荒木武容疑者(40)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は同日午前0時20分ごろ、船橋市前原西の飲食店で、女性店長(48)の腰を殴るなどして軽傷を負わせた上、止めに入った女性従業員(27)の手首をつかんで壁に打ち付けて軽傷を負わせた疑い。男性従業員の通報で駆け付けた同署員が取り押さえた。

同署によると、荒木容疑者は酒を飲んでいた。女性店長を殴ったことは認めている。同駐屯地司令の兒玉恭幸陸将補は「所属隊員がこのような事案を起こしたことは大変遺憾。再発防止の指導を徹底する」とコメントした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です