教え子の14歳女子にわいせつ行為、中学講師を逮捕

教え子の女子中学生にみだらな行為をしたとして、警視庁立川署は、東京都立川市富士見町、公立中学校非常勤講師佐藤大輔容疑者(29)を児童福祉法違反の疑いで逮捕し、3日、東京地検八王子支部に送検した。

調べによると、佐藤容疑者は昨年6月19日、教え子の女子生徒(当時14歳)を「勉強を教えてあげる」などと自宅に誘い、わいせつな行為をした疑い。

佐藤容疑者は2001年に社会科の非常勤講師として採用され、これまでに都内の複数の中学校に勤務。
女子生徒の通う中学校には2003年4月から勤めていたが、昨年8月に依願退職している。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です