焼き菓子を万引、店内でパクリ 声掛けた店長も転倒させ負傷 容疑で消防士逮捕 大阪府警

コンビニで万引した菓子を店内で食べているのが見つかり、取り押さえようとした店長を負傷させたとして、大阪府警天王寺署は8日、強盗致傷の疑いで大阪市消防局生野消防署の消防司令補、木村幸生容疑者(38)=同市大正区泉尾=を逮捕した。「盗む気はなかった。けがをさせる気もなかった」と容疑を否認している。

逮捕容疑は8日午前9時50分ごろ、大阪市天王寺区堀越町のコンビニ「ファミリーマートJR天王寺駅前店」で、焼き菓子(価格約200円)を万引。店内の飲食コーナーで食べていたところ、男性店長(44)が取り押さえようとしたため、抵抗して店長を転倒させ、全治3週間のけがをさせたとしている。

同署によると、木村容疑者は同店でコーヒーとたばこを購入した直後、売り場で焼き菓子を万引した様子が店の防犯カメラに写っていた。不審に思った店長がビデオをチェック後、木村容疑者に「お金を払っていないのではないか」と声をかけたという。

負傷した店長がその場で110番し、木村容疑者も署員が駆けつけるまで現場にとどまっていた。市消防局は「事実関係を詳しく調査した上、厳正に対処する」としている。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です