生徒盗撮容疑で元教諭を追送検 小型カメラ仕掛け録画した疑い

滋賀県内の中学校で中学教諭が女子生徒の制服などを盗んだとされる事件で、大津北署は9日、ビデオカメラで教室内の生徒を盗撮したとして、軽犯罪法違反の疑いで、大津市国分1丁目、元仰木中教諭織田吉浩被告(40)=窃盗罪で公判中=を追送検した。

調べでは、織田容疑者は同中教諭だった昨年10月10日午前9時ごろ、担任クラスの教室に小型カメラ7台などを仕掛け、女子生徒が着替えする様子を撮影、録画した疑い。

同署によると、織田容疑者はビデオのタイマーを使い、体育などで女子生徒が教室を更衣室として使う時間に設定していたという。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です