蛇行運転の車が逃走、酒気帯び容疑で自衛官を逮捕

17日午前2時ごろ、北海道釧路市光陽町の道道で、軽乗用車が蛇行運転しているのを道警のパトカーが見つけた。停止を求めたところ約2キロにわたって逃走し、道路沿いの店舗の壁に衝突して止まった。

道警は、軽乗用車を運転していた陸上自衛隊釧路駐屯地の陸士長、山口純史容疑者(21)=釧路町別保=を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

釧路署によると、山口容疑者の呼気から基準値の3倍を超えるアルコールが検出されたという。軽乗用車には同僚の20代の男性自衛官が2人乗っており、事情を聴いている。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です