読谷村職員を逮捕=酒気帯び運転容疑-沖縄県警

酒気帯びで車を運転したとして、沖縄県警嘉手納署は19日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で、読谷村教育委員会文化振興課長で村立歴史民俗資料館館長の仲宗根求容疑者(55)=同村楚辺=を現行犯逮捕した。同署によると、容疑を否認している。
逮捕容疑は19日午前7時5分ごろ、読谷村内の道路で、酒気帯び状態で車を運転した疑い。
同署によると、パトロール中の署員が飲食店が入ったビルの駐車場から出てきた同容疑者の車を停止させ、職務質問。呼気検査で基準値の約2倍のアルコールが検出された。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です