警官、女性のスカート内盗撮…PCに260動画

福岡県警は30日、県迷惑行為防止条例違反(卑わいな言動)容疑で逮捕された八幡西署交通課の吉浦弘高巡査部長(34)を減給10分の1(6か月)の懲戒処分にした。

吉浦巡査部長は同日、辞職した。

吉浦巡査部長は昨年12月8日、北九州市小倉北区の大型商業施設で、動画撮影機能付きの腕時計を買い物中の女性(22)のスカート内に差し入れて盗撮した疑いで現行犯逮捕された。

その後の調べで、10分前にも同店で別の女性を盗撮していたことが判明。自宅のパソコンには260点の盗撮動画が保存されていた。2011年5月頃から盗撮行為をしていたことを認め、「被害者や上司に迷惑をかけて申し訳ない」と話しているという。

県警は被害者が特定できた同店での2件について小倉区検に送検した。高木正浩首席監察官は「職員への倫理教育を徹底し、再発防止に努めたい」としている。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です