警察官が女子中学生にわいせつ行為の疑い 新潟

新潟県長岡警察署の33歳の警察官が、インターネットのSNSで知り合った女子中学生にホテルでわいせつな行為をしたとして、警察に逮捕されました。

逮捕されたのは、新潟県長岡警察署地域課の巡査長藤田涼太容疑者(33)です。警察の調べによりますと、藤田巡査長は先月下旬、2回にわたって新潟県内の14歳の中学2年生の女子生徒に、ホテルでわいせつな行為をしたとして、県の青少年健全育成条例違反の疑いが持たれています。

警察によりますと、生活面などに不審な点を抱いた女子生徒の母親から年末に相談が寄せられ、女子生徒から聞き取りなどを行った結果、行為が判明したということです。

警察の調べに対し、藤田巡査長は相手の年齢を知っていたと容疑を認め、去年11月ごろにインターネットのSNSを通じて知り合ったなどと供述しているということです。また、女子生徒は警察に対し、「向こうからホテルに誘われた」と話しているということです。

新潟県警察本部の大竹保和首席監察官は「被害者や県民に深くおわび申し上げる。捜査を尽くして処分を含めて厳正に対処したい」としています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です