郡山市職員を逮捕=ごみ不法投棄容疑-福島県警

他人が所有する福島県郡山市の空き地に段ボールなどを不法投棄したとして、県警郡山北署は1日、廃棄物処理法違反容疑で同市生活環境部清掃課主査の藤木弘二容疑者(40)=同市田村町大供=を逮捕した。容疑を否認し、「ただ置いただけだ」と供述しているという。
逮捕容疑は、3月30日午前0時~5時半ごろの間、段ボールや空き缶など計約18キロの廃棄物を同市富久山町久保田の空き地に捨てた疑い。
同署によると、この空き地には他にも同様の廃棄物が大量に捨てられており、3月上旬に近隣住民から通報を受けていた。藤木容疑者が捨てた可能性もあり、同署が調べている。
吉崎賢介副市長は逮捕を受けて記者会見し、「廃棄物を担当する部署の職員がこのような事件を起こし、深くおわびする」と謝罪した。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です