開庁時間に賭けマージャン、飯塚市長が辞職意向

平日の開庁時間などに賭けマージャンを繰り返していた福岡県飯塚市の斉藤守史もりちか市長(68)と、田中秀哲ひであき副市長(69)が、1月末で辞職する意向を固めたことがわかった。11日午後、記者会見を開いて発表する。

市にはこの問題を巡り、辞職を求める声を含め、多数の抗議が寄せられていた。斉藤市長は、市政を継続して運営することは困難と判断したという。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です