飲酒運転で事故 安芸太田町職員を逮捕(広島県)

4日午前5時45分頃、広島市南区大須賀町で安芸太田町地域づくり課の課長補佐・矢立純容疑者44歳が飲酒運転で逮捕された。中央分離帯にぶつかり、警察の調べで基準値を超えるアルコールが検出されたため。前夜、広島市内で友人と酒を飲んだという。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です